スマホ老眼バイバイ

スマホの使い過ぎで老眼になる

最近スマホが普及している事で、スマホ老眼と言う病気に悩まされている人が増えてきました。スマホ老眼とは、スマホの使い過ぎで老眼と同じような症状を患ってしまう一種の病気の事です。

 

加齢と共に眼球の水晶体が硬くなってしまって、ピント調整機能障害を起こす事が老眼ですが、スマホ老眼の場合は年齢に関係なく、目を酷使しすぎる事で起こる老眼なのです。

 

スマホを酷使しすぎる事で、眼球の奥にある毛様体筋の疲労が原因で、ピント調整できなくなってしまうのです。どちらも同じピント調整機能障害ですが、老眼は改善する事は無いのに対し、スマホ老眼は改善します。

 

一度硬くなってしまった水晶体を基に戻す事は難しいのですが、スマホの使い過ぎが原因で弱ってしまった毛様体筋は回復させてあげる事が可能なのです。

 

スマホから発せられるブルーライトやパソコンのブルーライトは、目にとんでもない疲れを与えてしまいます。特にスマホのブルーライトが強いと言われており、目の近くで操作する事からスマホ老眼になりやすいと言われております。

 

パソコンは、目空画面までの距離が割と遠いのに対し、スマホは画面が小さいと言うのもあって近距離での操作になってしまいます。

 

そして、小さな文字をしっかりと見る為に、まばたき一つせずに画面を見つめる人がほとんどだと思います。こうする事で毛様体筋が必至にピント調整を行って酷使しすぎて弱ってしまうので、ピント調整がうまくできなくなってしまったりするのです。

 

ですから、お仕事終わりの夕方頃に、近くの物がぼやけて見えたり、目がかすんだりすると言う人は、スマホ老眼の疑いがあるのです。

 

スマホ老眼は、目がかすんだり、物がぼやけて見えたりするだけではなくて、肩こりや頭痛、疲労感、全身の怠慢感、などの症状も現れます。これらの症状に心当たりがあると言う方は、おそらくスマホ老眼になっているのではないでしょうか。

 

また、就寝前に真っ暗な中でスマホ画面を見ると、睡眠障害を起こしゆっくり睡眠する事ができません。その結果睡眠不足になってしまい、ストレスの原因となります。

 

スマホ老眼は改善すると初めに言いましたが、放置しているとうつ病などの精神疾患などを引き起こしてしまう場合もあります。ですからスマホ老眼を軽視するのではなく、しっかりと改善するように心がけましょう。

 

スマホ老眼改善.com

更新履歴